京から大阪を通り和歌山へと入った熊野街道は、田辺のあたりから山へと入る「中辺路」と海岸線を通る「大辺路」に分かれています。高野から熊野への最短コースである「小辺路」、修験道の道「大峯奥駆道」など、各地の霊場を結ぶ信仰の道として街道が発展してきました。
中辺路 大辺路 小辺路
熊野古道の中でも最も多くの人々が通ったとされ、現在も多くの王子跡が残されています。滝尻王子から山中の険路を通り、近露、継桜、湯川、伏拝などの王子を経て熊野本宮大社にいたります。 紀伊田辺から海沿いを新宮方面にのびる街道。現在の国道42号線と重なる部分が多い。田辺市の闘鶏神社から富田川を渡り、日置川へ入り、再び海岸線に出て、串本、勝浦、新宮へと通じていました。海岸線沿いに続く路も多く、海路との関係の深い路です。 高野街道とも呼ばれる路。高野山から果無山脈を越え、熊野本宮大社に通じる街道。熊野三千六百峯といわれる紀州の山々を南北に貫いています。高野山と熊野本宮大社を結ぶ最短コースであるため、地蔵道標や町石などが今も残されています。
大峯奥駆道
吉野山から熊野まで山上ケ岳、弥山、八経ケ岳など二千メートル近い山々の尾根を這うように続いています。修験道の根本道場といわれ、紀伊山地の中でもっとも深い山道です。
伊勢路 大和街道
伊勢神宮から熊野に向かう三重県側のルート。他のルートに比べ比較的歩くのが容易なため、一般向けです。また、途中の峠からは太平洋が一望できるなど、景観的にも魅力のあるルートです。 和歌山城京橋御門外・札の辻の起点として、三重県の松阪市までを結ぶ街道で、別名「伊勢街道」とも呼ばれています。昔の面影を残す軒並みや旅人の案内役となった道標などが残されており、国道が整備されるまでは紀州路の主要道となっていました。
伊勢街道
近世、奈良からお伊勢まいりのメインの街道として利用されました。榛原から伊勢までをほぼ直線で結びます。