五條から熊野に至る西熊野街道(国道168号)周辺は、山岳・温泉・清流といった豊かな自然の中に、奈良時代以来の山岳信仰や中世の南朝遺跡、近世の天誅組本陣などの歴史資源が点在する地域です。古代から現代まで、人々はここを訪れ、豊かな自然の中で傷ついた心と体を癒し、再生をはかっていました。