熊野古道とは、昔の人びとが熊野三山(熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社)にお参りした道のことです。中辺路、大辺路、小辺路など様々なコースがある中で、最も多くの人々がたどったといわれるのが田辺から内陸にはいり、本宮への至る「中辺路」。皇族から貴族、武士、そして庶民へとその広がりをみせた熊野詣は、古代末期から近世にかけて「蟻の熊野詣」といわれるほど多くの人々が参拝しました。熊野の神様の御子神(ミコガミ)が祀られているところであり、参詣者の休憩所でもあった「王子」は、その数の多いところから九十九王子といわれ、参詣者は王子社を巡拝しながら長く険しい旅を続けました。
古道を歩こう「道の駅 熊野古道中辺路 〜 小広王子」
古道を歩こう「小広王子 〜 発心門王子」