「紀伊半島交流会議」への呼びかけ
 (平成16年3月の交流会議たちあげにあたり、関係の皆様に発信した文章です)


「紀伊半島交流会議」をつくりませんか

 拝啓
 日頃は「歴史街道」計画の推進にご協力下さり、誠に有難うございます。 歴史街道推進協議会では平成15年より、関西の歴史的地域を「メインルート」と3つのネットワーク(古代史エリア、戦国〜江戸時代エリア、紀伊半島エリア)に大別し、それぞれの特性に応じた事業をさらに積極的に推進していこうと試行錯誤を繰り返しています。
 それらの過程で、特に紀伊半島の保全、活性化、観光・物産振興、情報発信などの関係でお世話になった皆様にお送りさせていただいているものです。
 さて、紀伊半島の世界遺産登録が、いよいよ近づいてきました。
 言うまでもなく、紀伊半島の世界遺産登録は、この地で長きにわたって営々とつみ重ねられてきた、皆様のご努力の結晶です。
 自然、歴史、宗教性・・・紀伊半島には内外の現代人が求める魅力にあふれており、今後はいやが上にも内外からの注目が高まるでしょう。
 一方では、混乱を恐れる声もあります。 「はたして正しい知識をもった人たちが来てくれるのか?」「俗化や観光公害が起こるのではないか?」「受け入れ体制は大丈夫なのか?」といったことです。
 3つの県に分かれる紀伊半島は広大で、交通の便もあまりよくありませんが、そうした障壁を越えて、世界遺産登録を契機に考えていくべき、全域の共通課題が少なくないと思います。
 紀伊半島はまた、個性や事情が異なるそれぞれの地域の集合体でもあります。
 各地域では、すでに様々な試みが実践されてきていますが、世界遺産登録を契機に、各分野で頑張っていらっしゃる皆さんが、肩ひじを張らずに意見や情報を交換し、交流できるような場づくりができればと考えています。
 是非、以下をご一読いただき、メンバー登録をご検討いただければ幸いです。
 よろしくお取り計らいのほど、お願い申し上げます。

 「紀伊半島交流会議」に関するお問い合わせは、           →→