交流会議の開催 H16.3.26.

 平成16年3月26日(金)、和歌山県域および、三重・奈良両県の伊勢〜飛鳥以南を概ねの対象エリアとして、紀伊半島の @自然・歴史文化の保全、 A地域の活性化、 B観光振興、 C物産振興、 D情報発信、などに関わっている方々、あわせて、東京、大阪などの他地域で、紀伊半島の振興を具体的に応援できる立場にある方々にも参加を呼びかけ、交流促進を目的とした「紀伊半島交流会議」を開催しました。
 平成16年3月現在のメンバーは146名。スイスホテル南海大阪 「芙蓉の間」での発足会には、そのうち73名の方が参加し、各地での活動を含めた自己紹介をおこないました。

<開催概要>
  ・挨拶 国土交通省近畿地方整備局副局長 山田  勉氏  
      国土交通省都市・地域整備局大都市圏整備課
      関西文化学術研究都市建設推進室長 服部 亮二氏
  ・「紀伊半島交流会議」発足までの経緯と今後の活動について
      歴史街道推進協議会事務局長       井戸 智樹
  ・参加メンバーの自己紹介 
      「紀伊半島とのかかわり方、活動内容について」 
               <休  憩>
  ・紀伊半島活性化に向けた意見交換会(ディスカッション)
      ディスカッション・メンバー
       加藤晃規氏(関西学院大学総合政策学部教授)
       中田 力氏(和歌山県 ホテルシーモア代表取締役)
       橋川史宏氏(三重県 紀南振興プロデューサー)
       佐野純子氏(奈良県 奈良インターカルチャー代表)
  ・意見交換
    −地域活性化への取組み(現況)
    −広域連携について(現況、期待、課題)
    −「紀伊半島交流会議」をどのように活かしていきたいか